最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

メタ情報

消費者金融のカードローンの主たる返済方法について

現在の消費者金融のカードローンの主たる返済方法は銀行口座からの引き落としと、コンビニATMからの入金です。

それぞれの返済方法にメリット・デメリットがあります。口座引き落としは手数料が掛からず、返済を忘れたり、間違えたりすることがなく、返済する手間もありませんが、1ヶ月に1度の返済なので、必ず1ヶ月分の利息を取られます。

一方、コンビニはどこにでもあり、夜間でも開いているため、通勤帰りや買い物ついでに返済することによって、返済期日より早く返済する分利息を削減することができますが、利用手数料を取られることが大きな負担になっています。

そこで、非常に便利なのが「Pay-easy(ペイジー)」と言うインターネット振込システムを利用した返済です。そして、そのペイジーを利用できるカードローンが消費者金融最大手のアコムです。

ペイジーはインターネットを利用するため、パソコンやスマホがあればどこからでも返済できますし、夜中の手続きでも瞬時に決済処理が行われます。しかも、振込手数料が無料になっています。

手順は始めにアコムの公式サイトにある会員ページに会員番号と暗証番号を入力してログインします。

会員ページで、「インターネットでのご返済」を選択します。表示されたページには残債務合計や貸付金残高、利息、遅延損害金、無利息残高、ATM手数料、次回返済金額、次回返済期限が記載されています。記載内容を確認後、次のページに進むと約定返済額や最少返済額、利用明細表の送付先の項目が並んでおり、返済する金額を入力する欄があります。

金額を入力した後、金融機関を選択するページに移り、振込を行う銀行を指定します。

アコムへのインターネット振込に対応できる銀行には都市銀行(みずほ銀行を除く)の他、多くの地方銀行や信用金庫などがあります。

ネット専業銀行の楽天銀行も可能です。ところで、振込を行う銀行はカードローンの契約時に登録した口座引き落としや振込キャッシングの指定銀行である必要はなく、どこの銀行から行っても構いません。

銀行を指定して、「振込実行」ボタンを押せば振込手続きは完了です。なお、銀行通帳にはアコムの名前ではなく、PE/IN・DFACネツトフリコミと記載されています。

ちなみに、カードローンの利息は日割り計算になっているため、お金に余裕の出た時に返済を積極的に行うと、利息が減少していきます。また、利息は返済期日に行う約定返済から取られるため、任意返済として支払った金額はすべて借入元金から削減されます。

詳しい参考記事は即日キャッシングができる!おすすめはこの3つです!こちらから見ることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>